マスクは鼻まで覆うことが基本

「マスクは鼻まで覆わなければ意味がないのか?」このような質問や相談をよく見かけます。

マスクをする理由にもよりますが、鼻まで覆わなければ無意味になることがほとんどです。

もし花粉を予防する目的でマスクをするのであれば、鼻だけ出していると鼻から花粉が侵入してしまうでしょう。

すると鼻水がたくさん出るようになりますから、つけていてもつけていなくても同じです。

風邪の場合も同様で、鼻からウイルスを吸い込んでしまうと意味がありません。特にインフルエンザが流行している時期には注意が必要です。

また自分が風邪をひいていてマスクをつけている場合。

この場合は“誰かにうつさないように”と考えてつけることがほとんどだと思いますが、鼻だけ出しているとマスクに隙間ができてしまってそこから飛沫する恐れがあります。

咳やくしゃみなどによる飛沫は想像している以上に遠くまで飛びますので隙間は厳禁です。

それだけでなくマスクをしていることで、マスクの内部が自分の息で保温・保湿されます。この空気が体を暖かくするだけでなく、のどを潤して痛みを和らげる効果を得られます。

ですからどんな理由であれ、マスクをする時はしっかり鼻まで覆いましょう。

カテゴリー: 未分類 | マスクは鼻まで覆うことが基本 はコメントを受け付けていません。

隠れ潔癖症やプチ潔癖症の症状について

自分自身が汚れるのをひどく嫌ったり、細菌や病原菌に対して異常な恐れを抱く潔癖症。

「きれい好き」と「潔癖症」はまったく違うと言われていますが、実は「隠れ潔癖症」「プチ潔癖症」は意外に多いのです。

自分では単なるきれい好きだと思っていても、もしかすると隠れ潔癖症かもしれません。

では、隠れ潔癖症やプチ潔癖症の人たちの症状を見てみましょう。

図書館で本を借りられない

図書館にある本は誰が触ったかわかりませんし、誰が借りたのかわかりません。また、借りたあとにどういう扱いを受けていたのかも不明です。

そういったところから図書館の本=不衛生なイメージとなり、本を借りられなくなります。

そもそもレンタルが無理

CDやDVDのレンタルが主流となっていますが、これが無理、という人もいます。

図書館の本同様に誰が触ったのか、どういう扱いを受けていたのかわからないため、やはり「不衛生かもしれない」「汚いかもしれない」と不安がつきまとってしまうのです。

中古品ももちろん買えない

ゲームやCDを安く買うには中古品を選ぶのが一番ですが、潔癖症になると中古品に強い抵抗を見せるようになります。

また購入したとしても除菌シートなどで拭かなければ気が済まないのです。

カテゴリー: 未分類 | 隠れ潔癖症やプチ潔癖症の症状について はコメントを受け付けていません。