マスクは鼻まで覆うことが基本

「マスクは鼻まで覆わなければ意味がないのか?」このような質問や相談をよく見かけます。

マスクをする理由にもよりますが、鼻まで覆わなければ無意味になることがほとんどです。

もし花粉を予防する目的でマスクをするのであれば、鼻だけ出していると鼻から花粉が侵入してしまうでしょう。

すると鼻水がたくさん出るようになりますから、つけていてもつけていなくても同じです。

風邪の場合も同様で、鼻からウイルスを吸い込んでしまうと意味がありません。特にインフルエンザが流行している時期には注意が必要です。

また自分が風邪をひいていてマスクをつけている場合。

この場合は“誰かにうつさないように”と考えてつけることがほとんどだと思いますが、鼻だけ出しているとマスクに隙間ができてしまってそこから飛沫する恐れがあります。

咳やくしゃみなどによる飛沫は想像している以上に遠くまで飛びますので隙間は厳禁です。

それだけでなくマスクをしていることで、マスクの内部が自分の息で保温・保湿されます。この空気が体を暖かくするだけでなく、のどを潤して痛みを和らげる効果を得られます。

ですからどんな理由であれ、マスクをする時はしっかり鼻まで覆いましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク