化粧品が合わない理由はいろいろある

「使っていた化粧品がいきなり合わなくなった」

よく化粧をする女性なら、こういう経験をしたこともあるでしょう。今までなんでもなかった化粧品が合わなくなった場合、すぐに考えつく原因が“体質の変化”です。

月経が始まったり出産をすると女性は体質が変化します。すると食べ物の好みに変化が生じたり、化粧品が合わなくなったりするのです。

また、精神的なものが原因の病気がピタリと治ることもありますね。

しかし「特別、月経に変わりはない」「出産もしていない」にも関わらず化粧品が合わなくなったのであれば、古い化粧品が原因かもしれません。

もしかしてずっと同じ化粧品を使い続けていて、買い替えていないのではないでしょうか。スポンジやパフをそのままにしているのではないでしょうか。

化粧品は使い続けていくと雑菌が繁殖します。古い化粧品を使う=雑菌だらけの化粧品を使う、なのです。雑菌が肌に悪さをするのは目に見えていますよね。

ですから、古い化粧品を使い続けているなら買い替えてみて下さい。一度開封し使用した化粧品の寿命はだいたい1年だとされていますから、1年経過したら新しいものを購入しましょう。

化粧品は想像しているよりもデリケートですから、気を遣ってしっかり手入れしてあげなければなりませんね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク